後遺障害等級の認定に納得がいかない場合 異議申し立ての手順

交通事故に遭い怪我をした後、治療しても治らずに症状固定となると、「後遺症」となります。

その時に、慰謝料を請求する為に後遺障害等級を認定してもらう必要がありますが、等級認定の結果が納得のいくものではないことが多いです。

その場合には異議申し立てをすることができます。

請求できる慰謝料の額が後遺障害等級で変わる

後遺障害等級で認定された等級が、高ければ高いほど加害者から支払われる金額は大きくなります。

等級に納得がいかないのであれば異議申し立てをすべきです。

後遺障害等級は第1級~第14級まであり、等級の数字が小さくなるほど後遺障害の症状が重たいものになり、慰謝料の金額も上がります。

審査しているのは損害保険料算出機構という機関になります。

後遺障害等級の申請方法には2種類ある

後遺障害等級の申請には、事前認定と被害者請求の2種類があります。

事前認定

保険会社が主体となって行う手続きで、申請するための書類等は保険会社が用意します。

被害者請求

被害者が主体となって行う手続きで、申請するための書類等も全て被害者が用意します。

異議申し立ての際にどちらの方法で異議申し立てをするかで対応が変わります。

異議申し立ての手順

事前認定での異議申し立て

事前認定での異議申し立ての場合は、相手の任意保険会社に対して『異議申立書』を提出します。

しかし、事前認定は保険会社が主体となって行う手続きのため、異議申し立てを任意保険会社から断られてしまう可能性もあります。

被害者請求での異議申し立て

被害者請求の場合は、自賠責保険会社に対して異議申し立てをします。

異議申立書に加え、等級を再度見直すのに必要な書類を全て自分で用意して自賠責保険会社に提出しなければなりません。

基本的には異議申し立ては被害者請求がメインの手段になります。

異議申し立てには回数制限がないため、納得がいくまで何回でもすることができます。

自賠責紛争処理機構への異議申し立て

事前認定や被害者請求での審査結果に納得がいかない場合は、自賠責紛争処理機構に異議申し立てをすることが出来ます。

正確には異議申し立てではなく申請という形になり、等級を判断するのも事前認定や被害者請求の時とは違う機関となります。

申請できる回数は一回限りです。

最終手段は民事裁判

最終手段で民事裁判を起こすことができます。

裁判の場合には等級認定は裁判官が行います。

裁判をすると普通に示談をするよりも、損をしてしまう結果になる可能性もあるため、よく検討しましょう。

まとめ

異議申し立てはどうしたらいいのかわからない方も多いと思います。

異議申し立ての手続きを弁護士に依頼すると、書類集めや審査の手続きまで全てを任せることができ、後遺障害診断書の内容が不十分な部分に関しても主治医に加筆・修正依頼をしてくれます。

被害者自身でするよりも異議申し立てが認められる可能性が高くなるため、後遺障害等級に納得がいかない場合はまず、弁護士に相談してみることをお勧めします。