後遺症と後遺障害は違う?

交通事故で怪我をして、治療したものの治らずに後遺症となってしまう場合があります。

後遺症と後遺障害は違う意味を持っており、交通事故で負った怪我が原因で労働能力の喪失を理由に、慰謝料や損害賠償金を請求するには後遺障害と認めてもらう必要があります。

後遺症と後遺障害の違い

後遺症と後遺障害は医学的な考え方と法律上の定義によっての違いで、怪我が回復せずに残ってしまうことは同じです。

後遺障害は後遺症の一部という考え方になります。

後遺症については医師が判断するもので、交通事故に限らず様々な原因で負った病気やケガが、治療を続けても一向に回復しない状態のことを指します。

対して後遺障害の場合は交通事故が原因で負った後遺症が対象になり、労働能力の喪失が見込まれる症状が残った状態のことを指します。

後遺障害は医師が決めるものではなく、定められた後遺障害等級の条件を基準として、損害保険料率算出機構の自賠責損害調査事務所にて判断されます。

後遺症を後遺障害と認めてもらう要件

  • 交通事故との因果関係が証明できる
  • 後遺障害等級の条件に該当する
  • 後遺症について医学的に証明できる
  • 治療を続けても治る見込みがなく症状固定となる

これらの4つの要件を満たした場合に後遺障害と認定されます。

交通事故との因果関係の証明は、交通事故と症状発生の時期が適合しているかどうか、事故状況に見合ったケガの程度であるかどうか、といった点が確認されます。

後遺障害等級の条件にとは、全部で14段階ある後遺障害等級の条件に該当するかどうかを確認されます。

等級は、重い後遺症の場合は後遺障害第1級になり、むち打ち症などの軽い後遺症だと一番低い後遺障害第14級に該当します。

後遺症についての医学的に証明は、検査や診断の結果について被害者が後遺症の状態について申告するだけでなく、第三者からの目でも後遺症の存在が明らかになるように、レントゲンやMRI画像を用意して証明をします。

症状固定については担当の医師から症状固定を診断してもらうことで後遺障害等級の認定申請が可能になります。

以上が後遺障害として認められるためには必要な4つの要件です。

どれかの要件を満たしていない場合には、後遺障害等級の認定申請で等級非該当の結果になってしまう可能性あります。

後遺障害として認めてもらう必要性

後遺症を後遺障害と認めてもらうことで、以下のような慰謝料の請求ができるようになります。

  • 後遺障害に関する慰謝料を請求できる
  • 労働能力の喪失により減少する収入に対して賠償してもらえる
  • 被害者請求で後遺障害等級認定の申請をして一時的な保険金をもらえる

まとめ

交通事故が原因で後遺症ができてしまった場合、損害賠償や慰謝料を請求するためにはまず、後遺症を後遺障害と認めてもらう必要があります。

手続きや書類など必要なものが多く、加害者側の保険会社に言いくるめられて損をしてしまう可能性もありますので、弁護士や司法書士にまずは相談してみることをお勧めします。