交通事故、むち打ちで気を付けたい医療費打ち切りの可能性

交通事故で後から気付く怪我と言えばむちうちが代表的ですが、実はこのむちうち、とても被害者の方がトラブルを抱える怪我としても挙げられるのはご存知ですか?

最初怪我に気づかないことから物損事故にしてしまった、というのもよくありますが、そうではなく人身事故として処理を行い慰謝料、治療費を請求できた上でもトラブルが起きてしまう場合があるのです。

それは「治療費を途中で打ち切られてしまう」問題です。

医療費の打ち切られやすい?

事故後の通院のための医療費は相手の保険会社負担のため、長期間にわたり通院が続くと相手方が打ち切りたいのが理由です。

その際に「そろそろ治療は終わりです」「症状固定して下さい」「示談交渉を始めましょう」などのいわれかたをします。

治療費を打ち切られてしまったら、被害者は自腹で病院治療をしなければならないので、相手の言うままに治療を打ち切ってしまう方が多いのですが、治療を辞める事でトラブルになってしまう方が多くいらっしゃいます。

なぜなら交通事故後の治療は、「完治または症状固定」するまで継続しなければならないからです。

症状固定

症状固定とは治療を続けても、それ以上状態が改善しなくなった状態のことです。

症状固定となるとそれ以上の回復はないとして、治療は終了となります。

交通事故のよるケガはこの症状固定までの治療費や入通院費を相手に請求することができます。

だからこそ、上記で述べたように保険会社から催促されても無理に治療を打ち切ってしまう必要はありません。

この症状固定を判断するのは担当医師であり、保険会社ではないからです。

万が一保険会社側から「そろそろ症状固定です」と言われたとしても何ら根拠はありません。

早期に治療を打ち切ることで起きる問題

当然ですが、任意保険会社に言われたからと治療を早期に打ち切った場合、当然ながらそれ以降必要な治療には費用が発生してしまうことになります。

本来であれば症状固定がされるまで受けられたはずの治療を受けず、体調が不完全なまま放置してしまうことと同意義になります。

また、症状固定の後に起きる症状について後遺障害というものがあり、正常に症状固定を行った後にこの後遺障害に対しての慰謝料が請求できますが、症状固定を正確に行わない状態で治療を打ち切るとこの後遺障害のついても請求が難しくなってしまう場合があります。

相手の言うままに治療をやめてしまうようなことがないよう気を付けましょう。

健康保健の活用

もし相手の保険会社から治療費の打ち切りに遭った場合の対応をお伝えしておきます。

まず自分の健康保険に切り替えをして、通院を継続すべきです。

保険組合や市町村(国民健康保険の場合)に対し、「第三者行為による傷病届」を提出したら、交通事故後の治療にも健康保険を適用してもらうことができます。

通院先の病院によっては、「交通事故の患者は健康保険を使えません」と言ってくることがありますが、そのような決まりはありません。

交渉をしてみて、どうしてもダメなら転院も考えるべきです。

そのような交通事故患者に理解のない病院に通院を継続していると、後日後遺障害認定を受けるときにも協力を受けにくいと考えられます。

交通事故が労災だった場合には、労災保険を利用して通院を継続することも可能です。

労災保険が適用されると、自己負担分が0になるので、非常に助かります。

是非とも利用すると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

交通事故によるむちうちを一つとっても、慰謝料や賠償金、入院費とこれだけ気を付けるべき点があるのです。

また交通事故による慰謝料を請求や、手続きのなかで苦労したくない、損したくない方はぜひ弁護士に相談する事をお勧めいたします。